福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「共同研究プロジェクト採択テーマ」

平成18年度福岡県リサイクル総合研究センター
共同研究プロジェクトの採択について

  • 共同研究プロジェクトは、センターの研究会の中から実用化が見込める段階まで研究が進んだ研究会について選定・評価の上、共同研究プロジェクトの編成を行い、1件あたり年間最高1,000万円(最長3年間)の支援を行うものである。
  • 平成18年度は、事業化に関する有知識者等で構成する研究開発事業評価委員会の審議等を経て、下欄の課題@Aを採択した。
平成18年度に採択された共同研究プロジェクト (◎印は代表者)
テーマ名 構成メンバー 研究開発の概要
@ ロックウール材の有効利用研究開発 ◎日鉄環境エンジニアリング(株)
(株)響エコサイト
九州大学

ロックウールは、建築材料、断熱材、天井板など様々なものに使用されていますが多量の加工端材や廃材が排出され、処分されています。

そこで、ロックウール端材・廃材を重金属排水処理剤として加工、販売することを目的として、リサイクル製品製造技術を研究開発します。» 詳細

A 堆肥による農地力向上等のシステム開発 ◎共栄環境開発(株)
大阪産業大学
産業医科大学
レモンディス・ジャパン(株)
農業生産法人 杏里ファーム

食品残渣等を原料とした堆肥は多くの発酵施設で製造されていますが、全ての堆肥が農地に還元されておらず、循環が滞りがちになっています。

そこで、食品残渣を原料とした高品質の堆肥製造技術や堆肥施用土壌の土壌改良メカニズムを研究開発します。また、堆肥の需要を掘り起こすための、堆肥散布サービス等の堆肥供給システムや農地力向上実践農家の生産農作物の販売支援システムを開発します。» 詳細