福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「共同研究プロジェクト採択テーマ」

平成19年度福岡県リサイクル総合研究センター
共同研究プロジェクトの採択について

  • 共同研究プロジェクトは、センターの研究会の中から実用化が見込める段階まで研究が進んだ研究会について選定・評価の上、共同研究プロジェクトの編成を行い、1件あたり年間最高1,000万円(最長3年間)の支援を行うものである。
  • 平成19年度は、事業化に関する有知識者等で構成する研究開発事業評価委員会の審議等を経て、下欄の課題@Aを採択した。
平成19年度に採択された共同研究プロジェクト (◎印は代表者)
テーマ名 構成メンバー 研究開発の概要
@ めっきスラッジの再資源化システムの開発 ◎九州めっき工業組合、三池精錬(株)、九州工業大学、福岡県工業技術センター機械電子研究所

亜鉛めっきスラッジの再資源化システムについて研究する。従来、総合廃水処理されていためっき廃液のうち亜鉛めっき廃水ついて分別処理を行い、高品位の亜鉛濃厚スラッジを生産し、これを亜鉛製錬原料にリサイクルする技術を開発する。また、本再資源化システムについて他の金属種(ニッケル、銅など)にも適用を検討する。» 詳細

A 食用油トリプル利用研究開発 ◎電源開発(株)、理研農産化工(株)、(財)福岡県下水道公社御笠川浄化センター、春日市日の出町自治会

下水処理の伴う汚泥処理に、家庭から排出される廃食用油と食用油製造メーカーから排出される廃棄物を利用して、下水汚泥からバイオマス燃料を製造する。» 詳細