福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「共同研究プロジェクト採択テーマ」

平成22年度福岡県リサイクル総合研究センター
共同研究プロジェクトの採択について

  • 共同研究プロジェクトは、センターの研究会の中から実用化が見込める段階まで研究が進んだ研究会について選定・評価の上、共同研究プロジェクトの編成を行い、1件あたり年間最高1,000万円(最長3年間)の支援を行うものである。
  • 平成22年度は、事業化に関する有知識者等で構成する研究開発事業評価委員会の審議等を経て、下欄の課題@Aを採択した。
平成22年度に採択された共同研究プロジェクト (◎印は代表者)
テーマ名 構成メンバー 研究開発の概要
@ 超硬合金を使用したシールドマシン用ビットのリユースに関する研究開発 ◎(株)丸和技研、有明工業高等専門学校、大成建設(株) 

トンネル掘削工事に使用したシールドマシンのビットを再利用するための診断・検証・循環システムを構築し、実用化することと併せて、再利用が不可能となったビットより、レアメタルを使用した超硬合金自体のリユース・リサイクル方法を検討することを目的とする。 >>詳細

A シリコンスラッジリサイクル ◎NSソーラーマテリアル(株) 、日軽エムシーアルミ(株)、早稲田大学情報生産システムセンター 

再生可能なエネルギー源として太陽光発電が注目を集めていることに伴い。太陽電池の原材料の一つである多結晶金属シリコンの製造量が増えている。この製造過程では、多量の切断スラッジが発生する。本プロジェクトでは、スラッジの固液分離技術を確立して再資源化を図り、産業廃棄物の削減に寄与することをねらいとする。再資源化物は、合金製造工程における副資材として活用することを視野に入れている。