福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「共同研究プロジェクト採択テーマ」

平成28年度福岡県リサイクル総合研究事業化センター
共同研究プロジェクトの採択について

  • 共同研究プロジェクトは、センターの研究会の中から実用化が見込める段階まで研究が進んだ研究会について選定・評価の上、共同研究プロジェクトの編成を行い、1件あたり年間最高1,000万円(最長3年間)の支援を行うものである。
  • 平成28年度は、事業化に関する有知識者等で構成する研究開発事業評価委員会の審議等を経て、下欄の課題@を採択した。
平成28年度に採択された共同研究プロジェクト (◎印は代表者)
テーマ名 構成メンバー 研究開発の概要
@ 使用済みサーメットチップリサイクル ◎株式会社丸和技研、株式会社レアメタルソリューション、国立大学法人九州工業大学、福岡県工業技術センター機械電子研究所(アドバイザー)

 切削工具のうちWC(炭化タングステン)を主成分とする超硬チップは、タングステンが賦存量が少なく希少価値が高いことから、回収やリサイクル技術の開発が進んでいるが、TiC(炭化チタン)を主成分とするサーメットチップはWCに比べて価値が低いため、産業廃棄物として処理されているのが現状である。
 このプロジェクトでは、耐摩耗性に優れた硬質粒子分散材料の開発による使用済みサーメットチップリサイクルの事業化を目的とする。
 これにより、切削工具のリサイクルを促進し、廃棄物の削減、資源の有効活用が期待される。