福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「共同研究プロジェクト採択テーマ」

平成29年度福岡県リサイクル総合研究事業化センター
共同研究プロジェクトの採択について

  • 共同研究プロジェクトは、センターの研究会の中から実用化が見込める段階まで研究が進んだ研究会について選定・評価の上、共同研究プロジェクトの編成を行い、1件あたり年間最高1,000万円(最長3年間)の支援を行うものである。
  • 平成29年度は、事業化に関する有知識者等で構成する研究開発事業評価委員会の審議等を経て、2件のテーマを採択した。
平成29年度に採択された共同研究プロジェクト (◎印は代表者)
テーマ名 構成メンバー 研究開発の概要
@ 絶縁油再生処理事業化共同研究プロジェクト ◎(株)キューヘン、国立大学法人九州工業大学

 柱上変圧器の修理時に発生する使用済絶縁油は現状では全量が新油に変換されているが、再生処理により再度絶縁油として利用するための低負荷・低コストなシステムを確立する。

A フードバンクを活用した食品ロス削減共同研究プロジェクト ◎NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン、フードバンク福岡、エフコープ生活協同組合  食品関連企業から大量に発生している食品ロスを引取り、生活困窮者や福祉施設などに無償で提供するフードバンク団体は、近年、福岡県内においても相次いで設立されているが、いずれも組織の基盤が弱く、食品の保管や配送の体制が整っていないため、食品の受入も限定せざるを得ない状況にある。
 本プロジェクトでは、フードバンクの基盤強化を図るとともに、本県で発生している食品ロスを県内全域で安定的・継続的に活用するための社会システムの実用化を図る。