福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「研究会採択テーマ」

平成19年度福岡県リサイクル総合研究センター研究会

平成19年12月3日現在


(1) 資源保管型埋立システム研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
福岡大学、(有)ジェーハック、共栄環境開発梶A西部建設梶A鞄c中、横河ブリッジ梶A潟Nボタ、ユニチカ株、三菱マテリアル椛シ

繰り返し使用できる資源保管型埋立地を提案し、埋立地内で洗浄した資源化可能廃棄物を長期保管後、セメント原料化するリサイクルビジネスモデルを構築する。

(2) 浄水ケーキ有効利用促進研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
福岡県南広域水道企業団、久留米市、福岡県立福岡農業高校、(アドバイザー:大石物産(株))

浄水ケーキの能力・可能性を探究し、高付加価値化により土壌改良材としての利用促進を図る。

(3) 観光振興を目指す食と農の循環研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
宗像観光協会、宗像市、東海大学福岡短期大学観光文化研究所、坂田企業グループ

宗像市玄海地区から排出される食品残渣の有機肥料化を行い、その有機肥料を使った有機野菜をブランド化し、地元玄海の宿泊施設、飲食店等で提供する循環システムを実践する。

(4) 焼却残渣の脱塩化促進と資源化のための研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
九州大学、(株)麻生、共栄環境開発梶A応用地質(株)、福岡県保健環境研究所

地域新生コンソーシアム研究開発事業で実証試験を行った焼却残渣及びRDF飛灰の脱塩状況を調査していたが所定の濃度に達しなかったので継続して調査を行い、事業化する場合のバックデータとして活用する。

(5) 製鋼用フォーミング抑制剤研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
TOTO(株)、九州製紙(株)、HOKO(株)、福岡県工業技術センター化学繊維研究所

TOTO(株)で発生する窯業廃水汚泥と九州製紙(株)で発生する製紙汚泥を用いて、製鉄・製鋼メーカーに採用してもらえる製鋼用フォーミング抑制剤を開発する。

(6) 放置竹林自動車への有効利用研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
日産自動車(株)、(株)タケヒロ九州、立花町

自動車の内装部品に使用されている石油由来樹脂等に替わって、天然素材である竹を自動車部品に適用することを目指す。

(7) リサイクル縁石研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
株式会社ヤマウ、水谷建設工業株式会社、麻生商事株式会社、九州共立大学、福岡大学

溶融スラグ、コンクリート塊、フライアッシュ等の公共の廃棄物を複合的かつ多量に使用するコンクリート配合方法の検討を行い、公共工事で使用されるコンクリート製品中の砂や砕石の代用品として多量に代替する技術を確立する。また発生源の近隣のコンクリート製品工場がその受け入れ先となるシステムを開発する。

(8) 繊維再生利用研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
福岡大学、森博多織(株)、福岡県工業技術センター化学繊維研究所

福岡県の地場産業である博多織は絹を主として製造している。その工程としてでる、織りくずや糸くずを活用して収集再生利用する新技術を用いて新素材として利用できる新技術を開発する。

(9) 乾燥剤リサイクル研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
シタマ石灰(有)、大江化学工業(株)、(株)筑後物産、福岡県工業技術センター化学繊維研究所

メーカーより排出される規格外品及び納入業者より返品された使用済み乾燥剤を中身が純度の高い石灰であることに着目し、粉砕、造粒化・微粉化する事で再利用可能とし、農業用土壌改良材として流通・販売するシステムを開発する。

(10) 産廃溶融スラグのJIS化に向けた研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
新日鉄エンジニアリング(株)、北九州エコエナジー(株)、太平工業(株)、前田道路(株)、北九州市環境産業政策室、北九州市技術企画課

JIS規格の適用範囲に入っていない産廃溶融スラグを、3年後の改定時に適用範囲となるよう、これを配合したアスファルト混合物を北九州市の市道で試験使用してその実績を公表し、JIS改定原案作成委員会にアピールする。