福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「研究会採択テーマ」

平成28年度福岡県リサイクル総合研究事業化センター研究会

平成28年8月26日現在


(1) 『マテリアルファンド』を活用したリサイクルシステム構築に関する研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
(同)ひびくー、(独)国立高等専門学校機構 北九州工業高等専門学校、(学)西南学院 西南学院大学

極小規模の資源循環システム(各種の活動等で使用・回収された再生資源を高付加価値なリサイクル製品として排出者に還元する仕組み)を複数束ねた『マテリアルファンド』を構築することで、再生資源の需給調整・処理コスト低減を狙うと共に、ファンドへの参加そのものがリサイクルへのインセンティブになるようなビジネスモデルの確立を目指す。

(2) 産廃である金属加工ヘドロから付加価値のある資源を生み出す研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
国立大学法人九州工業大学、株式会社明菱

鉄系金属の切削加工時に産廃として排出されるヘドロから抽出できる数十μから数nmの非常に細かい金属微粒子に着目し、効率的な金属微粒子の回収方法及び金属微粒子を使った付加価値の高い応用展開(特に機能性高分子複合材料)を図る。

(3) 絶縁油再生処理技術研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
(株)キューヘン、国立大学法人九州工業大学

使用済絶縁油を再生処理により再度絶縁油として利用するための低負荷・低コストな技術を確立する。

(4) 浄水汚泥を利用した農業用高機能資材の開発に関する研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
国立大学法人九州大学、(株)大石物産

浄水汚泥をベースとして、有用微生物を定着させた農業用高機能資材を開発する。

(5) きのこ廃菌床の乾燥システム開発研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
(株)エム・アイ・エス、福岡県農林業総合試験場資源活用研究センター

きのこ廃菌床の高度利用技術、特に、廃菌床と竹を燃料とした廃菌床乾燥技術を確立する。

(6) 生ごみ資源化100研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
NPO法人循環生活研究所、国立大学法人九州大学

生ごみの100%資源化を目指して、半径2kmにおける資源循環のモデル事業を行い、県内への展開を目指す。

(7) 竹のカスケード利用研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
国立大学法人九州工業大学、福岡県農林業総合試験場資源活用研究センター、国立大学法人佐賀大学

竹チップからキシロオリゴ糖、電気二重層キャパシタ電極用炭素素材という高付加価値な製品を段階的に生産するカスケード利用のシステムを構築する。

(8) 廃棄物を活用した高性能製鋼副資材の開発研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
リックス(株)、福岡県工業技術センター化学繊維研究所

製鉄所の製鋼工程において使用される製鋼副資材について、廃棄物由来の原料を活用した高性能製鋼副資材を開発する。

(9) 微粉炭汚泥をフッ素溶出防止材として利用した廃石膏由来地盤改良用固化材の開発研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
有限会社大牟田エコクリーン、メタウォーター株式会社、公益財団法人大牟田市地域活性化センター

地域内浄水場で発生する微粉炭汚泥を、火山灰成分に替わるフッ素溶出防止材として活用し、輸送コスト削減等による競争力のある地盤改良用固化材の開発を行う。

(10) 学校給食との連携による廃食用油由来泡消火剤の事業化と環境教育プログラム構築に関する研究会 ・・・概要表示

【共同研究者】
公立大学法人北九州市立大学、シャボン玉石けん株式会社、九州・山口油脂事業共同組合、小倉合成工業株式会社

産学官連携による“環境教育”プログラムを導入して学校給食との連携体制を構築し、石けん系泡消火剤の原料となるナタネ廃食用油の安定的確保を目指すとともに、事業規模での品質の安定化を図る。