福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「廃棄物減量化推進セミナー」
県内各自治体において、廃棄物減量化を推進していくために必要な情報を提供することを目的として開催しています。

 近年開催された廃棄物減量化推進セミナー
平成28年度
日時:平成29年2月3日 13:30〜16:20 会場:福岡県教育会館
家庭系ごみの削減を考えよう 〜実態データに基づくケースディスカッション〜
T.講演
「ごみを減らすために一人ひとりができること〜松山市のごみ減量施策〜」
松山市 環境部 環境モデル都市推進課
主査 迫 裕美 氏

講演データ一部抜粋
U.演習
ごみ処理フローシートによる対象市町村の一人一日当たり家庭系ごみ排出量の算出
V.グループ討議
国が示した廃棄物の減量化目標値である、一人一日当たり家庭系ごみ排出量500gに近づけるための施策について下記テーマで討議しました
A班「発生抑制」
B班「現在取り組んでいる資源化の強化」
C班「現在取り組んでいない新たな資源化の施策」

参加者 福岡県内市町村の廃棄物・リサイクル担当者、保健福祉環境事務所、一部事務組合 他

平成27年度
日時:平成28年2月5日 13:30〜16:00 会場:福岡県中小企業振興センター
さらなる工夫でごみ減量 〜自治体のごみ処理施策を見直す〜
T.講演
「事業系廃棄物の削減と再資源化」
〜3R手法を用いた事業系一般廃棄物減量活動〜
環境省3R推進マイスター、環境カウンセラー、福岡県3Rの達人
元リ総研コーディネーター
中垣 洋 氏
U.講演
「市町村一般廃棄物処理システム評価支援ツールの活用について」
〜類似市町村の比較分析から見た今後の課題の捉え方〜
一般財団法人日本環境衛生センター西日本支局 技師
大渡 俊典 氏
V.グループ討議
類似自治体の先行事例から、各自治体の廃棄物の発生抑制や循環的利用の促進に向けた具体的な施策について討議しました

参加者 福岡県内市町村の廃棄物・リサイクル担当者、保健福祉環境事務所、一部事務組合 他

平成26年度
日時:平成27年2月5日 13:00〜15:40 会場:福岡県中小企業振興センター
創意工夫でごみ減量 〜自治体・企業の知恵と工夫を活かした取組に学ぶ〜
T.排出事業者の廃棄物減量の取組に学ぶ
講演
「ワタミや外食・小売事業者が取り組む廃棄物の減量化、資源化」
〜持続可能な循環型の仕組みづくり、地域づくり〜
ワタミファーム&エナジー株式会社
環境サービス事業部 部長代行
大嶋 伸章 氏
U.食品ごみ減量の活動に学ぶ
講演
「松本市における食品ロス削減の取組みについて」
〜もったいない!みんなで減らそう食べ残し〜
松本市 市民環境部環境政策課 課長補佐
羽田野 雅司 氏
V.講演
「産官学連携による一般廃棄物焼却灰リサイクル技術開発」
〜埋め立てずに有用金属を回収した後にセメント原料化を考える〜
北九州市立大学 国際環境工学部エネルギー循環化学科 教授
大矢 仁史 氏
平成25年度
日時:平成26年3月24日 14:00〜16:15 会場:福岡県中小企業振興センター
講演
T.「都市を物質循環から考える」
〜第三次循環型社会形成推進基本計画とその周辺〜
環境省大臣官房環境情報室長
(兼)廃棄物リサイクル対策部循環型社会推進企画官
熊谷 和哉 氏
U.「食品ロス削減に向けて」 〜NO-FOODLOSS PROJECT〜
農林水産省 九州農政局 経営・事業支援部 事業戦略課
食品リサイクル係長 田上 照之 氏
平成24年度
日時:平成25年1月28日 13:30〜15:30 会場:アクロス福岡
講演
T.「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」
環境省 九州地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課 廃棄物対策等調査官
木下 朋行 氏
U.「広域で取り組む小型家電リサイクル事業の概要」
リサイクル総合研究センター
中村 裕康
V.「大牟田市における回収事業」
大牟田市環境部環境業務課
片山 聖一 氏
W.「廃棄物減量化推進事業の取組」
リサイクル総合研究センター
久門 尚基