福岡県リサイクル総合研究事業化センターのウェブサイトです。



   Powered by Google
お問い合わせ アクセス サイトマップ English Chinese
「TOP」「FRCについて」「研究開発支援」「活動紹介」「情報発信」
コンテンツ「リ総研について」
今日の環境問題を解決するためには、大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会経済システムを資源循環型に変えていかなければなりません。
その実現に向け産・学・官・民という共同研究体制でリサイクル技術と社会システムの開発を行い、その実践を支援する中核的な拠点として「リサイクル総合研究事業化センター」は設立されました。
 循環型社会の構築に向け、新たなリサイクルシステムを社会に定着させるためには、技術開発と併せて、新たな社会システムづくり(回収体制や販路開拓など)に向けた様々な課題を、同時に検討していく必要があります。

 福岡県リサイクル総合研究事業化センターは、これらの課題解決に総合的に取り組む政策推進型の研究機関として、産学官民による共同研究を円滑に推進するとともに、その研究成果の事業化を推進するためのコーディネーター活動を行っています。
廃棄物の特性に応じて、リサイクル技術や分別回収等の社会システムを確立するための研究開発を推進します。
これらの研究開発は、産・学・官・民による共同研究チームにより実施されます。
研究成果の事業化や地域展開を支援します。共同研究の実施等に伴い実証プラントの設置が必要となった場合には、北九州エコタウン内の実証試験地の使用が可能です。
研究成果などの各種環境・リサイクル情報をインターネット等を通じて発信します。